まめTVサポートページ

使用上の注意点

  1.  LiPoバッテリーの過放電にご注意ください。バッテリーが空っぽの状態で長期間放置するとバッテリーの能力が失われてしまう可能性があります。
  2. 高温となる場所では使用あるいは放置しないでください。筐体に使用しているPLA樹脂は60℃を超えると溶け始めてしまいますので、炎天下の車内などに放置しないようご注意ください。

組立時のトラブルQ&A

チャンネルつまみには機能的な意味はないため、木工用ボンドなどで接着してしまってください。
もし角度を変えたいという場合でも木工用ボンドなら付け外しができますので、一番手軽な方法は接着してしまうことです。
(今回のキットとしてはチャンネルつまみの可動は応用工作という前提です)

軸が折れたつまみを回転機能を持たせて再構成したいという場合、参考作例をまとめてみました。
(これもあくまでも参考例ですので、結果について保証するものではありません)

1.用意するもの。このおなじみのキャンディーの柄を使うことにします。

2.柄の先をナイフでカットします。1.5mmぐらいの長さにしてください。(長いと裏側のボディに干渉する)

3.つまみの裏側に瞬間接着剤で接着します

4.ドライバーの先やナイフを使ってフロントパネルの穴を広げていきます


5.ちょうどいい大きさになるまで広げてください

6.完成です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出荷前に動作確認をした上で発送しておりますが、まずは原因特定が先決ですので、メールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

実費での対応をさせていただきますが、現時点では価格表などが未確定です。
まずメールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

物理的に筐体が壊れてしまった場合は瞬間接着剤で修復してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

利用時のトラブルQ&A

チャンネルつまみには機能的な意味はないため、木工用ボンドなどで接着してしまってください。
もし角度を変えたいという場合でも木工用ボンドなら付け外しができますので、一番手軽な方法は接着してしまうことです。
(今回のキットとしてはチャンネルつまみの可動は応用工作という前提です)

軸が折れたつまみを回転機能を持たせて再構成したいという場合、参考作例をまとめてみました。
(これもあくまでも参考例ですので、結果について保証するものではありません)

1.用意するもの。このおなじみのキャンディーの柄を使うことにします。

2.柄の先をナイフでカットします。1.5mmぐらいの長さにしてください。(長いと裏側のボディに干渉する)

3.つまみの裏側に瞬間接着剤で接着します

4.ドライバーの先やナイフを使ってフロントパネルの穴を広げていきます


5.ちょうどいい大きさになるまで広げてください

6.完成です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出荷前に動作確認をした上で発送しておりますが、まずは原因特定が先決ですので、メールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

実費での対応をさせていただきますが、現時点では価格表などが未確定です。
まずメールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

物理的に筐体が壊れてしまった場合は瞬間接着剤で修復してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一般Q&A

チャンネルつまみには機能的な意味はないため、木工用ボンドなどで接着してしまってください。
もし角度を変えたいという場合でも木工用ボンドなら付け外しができますので、一番手軽な方法は接着してしまうことです。
(今回のキットとしてはチャンネルつまみの可動は応用工作という前提です)

軸が折れたつまみを回転機能を持たせて再構成したいという場合、参考作例をまとめてみました。
(これもあくまでも参考例ですので、結果について保証するものではありません)

1.用意するもの。このおなじみのキャンディーの柄を使うことにします。

2.柄の先をナイフでカットします。1.5mmぐらいの長さにしてください。(長いと裏側のボディに干渉する)

3.つまみの裏側に瞬間接着剤で接着します

4.ドライバーの先やナイフを使ってフロントパネルの穴を広げていきます


5.ちょうどいい大きさになるまで広げてください

6.完成です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出荷前に動作確認をした上で発送しておりますが、まずは原因特定が先決ですので、メールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

実費での対応をさせていただきますが、現時点では価格表などが未確定です。
まずメールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

物理的に筐体が壊れてしまった場合は瞬間接着剤で修復してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

応用ヒント

チャンネルつまみには機能的な意味はないため、木工用ボンドなどで接着してしまってください。
もし角度を変えたいという場合でも木工用ボンドなら付け外しができますので、一番手軽な方法は接着してしまうことです。
(今回のキットとしてはチャンネルつまみの可動は応用工作という前提です)

軸が折れたつまみを回転機能を持たせて再構成したいという場合、参考作例をまとめてみました。
(これもあくまでも参考例ですので、結果について保証するものではありません)

1.用意するもの。このおなじみのキャンディーの柄を使うことにします。

2.柄の先をナイフでカットします。1.5mmぐらいの長さにしてください。(長いと裏側のボディに干渉する)

3.つまみの裏側に瞬間接着剤で接着します

4.ドライバーの先やナイフを使ってフロントパネルの穴を広げていきます


5.ちょうどいい大きさになるまで広げてください

6.完成です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出荷前に動作確認をした上で発送しておりますが、まずは原因特定が先決ですので、メールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

実費での対応をさせていただきますが、現時点では価格表などが未確定です。
まずメールなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

物理的に筐体が壊れてしまった場合は瞬間接着剤で修復してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ先

ご質問やご相談などございましたら下記までご連絡ください
Twitter :  @Pandaprecision1
Mail :